凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。勉強中の仮想通貨や投資とか、自分がやってみたことについて書いています。座右の銘は「百聞は一見にしかず」。

仮想通貨交換業者が共同して自主規制団体を設立!

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ略してボンクラです。

だんだんと花粉が飛び始めましたね。花粉症の方は辛いですよね。僕は毎日ヨーグルトを食べているので無敵です。そろそろヨーグルトを自分で育てようかと思っています(*'ω'*)

 

仮想通貨の発展のプラス材料になりそうなニュースを発見。

仮想通貨交換業者16社が新団体を設立して自主規制へ

仮想通貨交換業者16社が3月2日、新たな自主規制団体を設立することで合意したと発表した。コインチェックから巨額の仮想通貨「NEM」が流出し、利用者保護を求める声が強まる中、セキュリティや広告規制などで統一したルールを定める考え。「仮想通貨の利用者が信頼、安心して使える環境を早期に整える」としている。
headlines.yahoo.co.jp

 ざっくりとした内容は、新しい団体を共同で設立し、利用者が仮想通貨を安心して取引できるようにするため、セキュリティ面や広告などのルール作りを行うという内容です。 

2018年に入ってからのコインチェックハッキングによるNEM流出事件から立て続けに色々起こってますからね(-.-)

正直おすすめの取引所はどこ?と聞かれても正直…( ;∀;)

今現在取引所には仮想通貨を置いていないのでログインすらしてない状態です。笑

利用者が安全に取引きできる環境を整えるという動きなのでぜひ頑張っていただきたいですね!

 

構成する16社は金融庁の登録を受けた下記業者であり、みなし業者は含まれていないとのこと。(コインチェック( ^ω^)・・・)

・・・全然知らない会社もある( ゚Д゚)

ちなみに僕はQUOINE、ビットバンク、DMM、テックビューロ(Zaif)、コインチェックのアカウントを持っています。

海外取引所はコインエクスチェンジのみ( *´艸`)

バイナンスもそのうち作成予定かなー。

 

今後の予定については、設立に1か月ほどの期間を必要として、規制作りはその後になるので、実際に規制が運用される時期は早くても数か月後のようですね。

2018年中にしっかりとした環境が整備されることを願っております(*'ω'*)

 

 

押してください。(直球)