凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

KATOJIのベビーベッドを8ヶ月使った感想

ご覧くださいましてありがとうございます。

凡人クラゲ略してボンクラです。

 

子育てというカテゴリがあるのに1個も記事がない。笑

ということで、

本日は我が家で使用しているベビーベッドのお話です。

ベビーベッドの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

 

僕の生活状況
  • 1人目のこども
  • 賃貸
  • 間取りは1LDK

購入するにあたり何を検討したか、実際に使ってみた感想などをまとめています。

f:id:kmichannel:20180821124041j:image

 

ベビーベッドを購入するにあたって

ベビーベッドのサイズの種類

ベビーベッドの種類は3つあります。

  • ベビーベッド(70×120㎝)
     よく目にする通常サイズのベビーベッドです。
     お店にはこのサイズのベッドの展示が一番多いです。
  • ミニベビーベッド(60×90㎝)
     少し小さいサイズのベビーベッドです。
     狭いスペースにおけるため、賃貸アパートにお住いの若いパパママにも人気。
  • ミニミニベビーベッド(50×70㎝)
     さらに小さいベビーベッドです。
     横幅が通常サイズのベビーベッドの縦幅と同じ。
     移動がしやすそうなサイズ感。(このサイズの実物は拝見したことがありません。)


それぞれのメリットデメリットはありますね。
我が家は賃貸マンションのため、あまりスペースはありません。

省スペースにはミニサイズがおすすめですが、結果として通常サイズのベビーベッドにしました。

 

その理由は

  • 赤ちゃん用の布団などは通常サイズが種類が豊富
  • 成長に合わせてしばらく使うことができる
  • 収納スペースが大きい

というメリットを採用しました。


部屋の模様替えを考えつつ、ベッドの設置場所を考えた結果、毎晩できるだけベビーベッドをパパママが寝ているベッドに近づけたいので、キャスター付きで移動可能なことも条件の1つでした。

 

ベッドはレンタルと購入どちらがお得?

ベッドを使用する期間として赤ちゃんが掴まり立ちをするまでとよく聞きます。
掴まり立ちをしだすと低い柵では頭の重い赤ちゃんが身を乗り出して落下してしまう危険性があるからです。
ですが、最近は赤ちゃんの成長に合わせて床板を下げることができるベビーベッドもあります。

 

ベッドレンタルの大体の相場は6か月で約7,000円ぐらいでしょうか?(数事業者を比較しました。)
購入となると新品約13,000円~50,000円ほど。
中古だと約6,000円前後。


どれがお得や( ^ω^)・・・

 

中古でもよいと思って何件もリサイクルショップやネットショップで調べましたが、どれも比較的ハードに使われていたりして傷だらけってことが多かったです。


悩みましたが、我が家ではいずれ2人目が欲しいと思っているため、新品を購入するほうがお得と判断して、使わない期間は解体して保管することに決めました。
2回使う機会があれば実質半額ですからね。


実際に購入したベビーベッド

  • 通常サイズのベビーベッド
  • 新品
  • キャスター付き(移動可能)
  • 収納棚がついている(収納スペースの確保)
  • 成長に合わせて床板を調節できる(転落防止)
以上の条件を満たしているベビーベッドを探し、KATOJIのベビーベッドにしました。

組み立ては1人で行いましたが、20分ぐらいで簡単に組み立てられました。

 

KATOJIのベビーベッドを8ヶ月使った感想

現在使用し続けて8ヶ月になります。

こどもはハイハイやつかまり立ちをしているので、6ヶ月半ごろに床板を1段下げました。床板を下げたため、収納スペースは狭くなりましたがオムツなどをベッド脇に移動させて対応しました。

 

こどもが捕まってガシャガシャと揺らしたり、なかなかハードに使っていますが、枠が壊れたり塗装がすぐに剥げてしまうこともなく安全に使用を続けられています。

 

床板もスノコのようになっているので、布団にカビが生えたりもしていません

 

6ヶ月でレンタルのベビーベッドを卒業するおうちも多いようですが、いいベビーベッドなのでまだまだ使い続けたいと思います。

KATOJIのベビーベッド、おすすめします(^○^)


にほんブログ村