凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

SKILLCOIN(スキルコイン)とは?人材市場の課題を解決

ご覧くださいましてありがとうございます。

凡人クラゲ略してボンクラです。

 

本日はSKILLCOINについて改めて調べてみました。

 

 


f:id:kmichannel:20180908213941j:image

SKILLCOINとは

SKILLCOINは、「人材市場に、変革を」というコンセプトを元に、個人が持つスキルや職歴の証明をブロックチェーン技術を活用して証明する機能を持った暗号通貨です。

雇用側と被雇用側のミスマッチは、社会全体の失業率に関係する問題です。

SKILLCOINは、次の課題の解決を目標としています。

 

雇用のミスマッチを防ぐ

企業の求めるスキルと被雇用者の持つスキルを明確にすることで、認識のずれによる雇用のミスマッチを防ぎます。

 

僕も実際に就職活動を経て仕事をしていますが、就職活動の最前線では、嘘&嘘が横行していると感じました(;´・ω・)(僕は少し盛った程度…)

それは被雇用者だけでなく企業側もですが…。

 お互いが嘘で塗り固められていると、入社したはいいものの、あまりのギャップにすぐ退職してしまうなどが起こります。

せっかく採用したのに、すぐに退職されると企業としても人員が不足しますし、被雇用者も収入をなくしてしまいます。

 

経歴にブロックチェーンを活用することで、ブロックチェーンにより証明された経歴になります。証明されていることで、企業側と被雇用者側のミスマッチがなくなるのではないか、ということです。

 

仲介手数料の削減

現在、就活サイトや転職サイトなどの仲介業者を介して就職活動を行う方が多いですが、SKILLCOINが人材マッチングのプラットフォームを提供することで、仲介業者を介さずに人材のマッチングが行えるようになります。

そうすることで、今までは仲介業者が得ていたマージンは企業や被雇用者に還元されます。企業は低コストで人材の発掘が可能になります。

 
就労者の給与向上

 就労者は自分のスキルに合っている企業と適正にマッチングすることで、キャリアアップを目指せます。

スキルに見合った企業に転職することで、基本給与の向上が見込まれます。

 

失業は世界で問題になっている

世界の人口はまだまだ増加し続けると言われています。

しかし、失業率の改善は見込まれず、失業者数も横ばいになると予測されています。

 

失業は様々な理由により発生しますが、その理由の一つに企業が求める人材と被雇用者のスキルや得意なことのミスマッチがあります。

 

失業率が1%改善するとGDPは2%向上すると言われており、失業の改善は大きな経済効果になるそうです。

世界各国が抱えている課題であり、SKILLCOINは人材の市場を変えることを目的としています。

 
どのようにマッチングするのか

【個人のながれ】

1.まずユーザー登録をする

氏名や所属企業などのプロフィールを入力。

 

2.スキルや職歴の記入

スキルや経歴を記入する。何回も更新することで履歴書の役割を果たす。

 

3.スキルの証明をリクエストする

記入したスキルや職歴の情報が正しいことを第3者(同僚など)にリクエストして承認してもらう。ユーザー(登録者)でないと)承認が出来ないため、第3者がユーザーでない場合は招待メールが届く。

 

4.スキルの承認

承認は2名以上の承認を受けなければ完了しないとのこと。連続して同じユーザーに承認を求めることはできない。

同じユーザーが承認できたら、信憑性がかけますからね。

 

この1~4の手順が完了した際に、ブロックチェーンへの記帳を行うそうです。

その際に承認者のアドレスも記帳されるため、信憑性を欠く承認を行ったユーザーは特定され、信用を失っていきます。

この情報が第3者からも承認された信用ができる人材情報になり、ミスマッチを防ぐサービスになります。

 

また、このプラットフォームの拡張として、個人から個人へ仕事を依頼したりすることを目標としているそうです。

 

トークン詳細

トークン名:SKILLCOIN

トークン規格:ERC-223

シンボル:SKILL

発行枚数:上限30,000,000,000枚

発行枚数が300億枚と多めですね。

 

ロードマップ

詳細はホワイトペーパーにありますが、2018年中に実証実験を行うパートナーの選定が予定されています。2018年中は実証実験がメインになりそうです。

2019年に正式にローンチ予定のため、注目を浴び始めるのはしばらく先になりそうですね。

 

まとめ

SKILLCOINは、しばらく実証実験を行うので僕は2018年中の大きな価格変動はないと思っています。

2019年に実験結果を受けて、どう開発が進んでいくかに期待します。

SKILLCOINはCOINEXCHANGEで購入が可能で、現在1sat~2satの価格帯となっています。

 

 

いつも押していただきありがとうございます。

励みになります。


にほんブログ村