凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

DOCOMOヘビーユーザーがドコモスマホを1円でも安く使う方法を解説

ご覧くださいましてありがとうございます。

凡人クラゲ略してボンクラです。

 

本日のテーマは三大キャリアのDOCOMO(ドコモ)スマホを1円でも安く使うための方法です。

僕、実はケータイはずっとDOCOMOを使っています。

中学生からケータイを持っていたので、DOCOMO歴15年以上という同年代ではなかなか負けないくらいのユーザー歴を持っています。

 

最近は月々の使用料金が安く抑えられるYahooのY!Mobileやmineo(マイネオ)、UQmobileなどの格安SIMが普及してきているのを感じます。

その中で1円でも10円でも安くキャリアスマホを使うにはどうしたらよいか、僕なりにお得に使う方法を解説します。


f:id:kmichannel:20180917211259j:image

DOCOMOスマホをお得に使うために

プランの見直し

DOCOMOを長く使っていて機種も変えなかったので、しばらくプラン変更していないという方。

まずはドコモショップに行きましょう。

古いプランのままだったりすると逆に高くなってしまっている場合があります。

新しいプランに乗り換えることで安くなることは大いにあります。

 

現在のプランをある程度把握できている方は、オンラインでも手続きができるので、オンラインの方が手っ取り早いと思います。

今のプランが全くわからない方は、自分であれこれ考えるよりドコモショップへ行って「プランの見直しをしたいです。」と言えば店員さんがおすすめのプランを案内をしてくれます

 

僕が実践しているおすすめのプラン

高いと言われているキャリアスマホですが、僕は月々4,400円に抑えられています。

プランの内容です。

カケホーダイライト(スマホ):1,700円

Xiシェアオプション:500円

シェアパック分割:1,550円

月々サポート割引額等:-1,450円

機種本体代金:1,800円

消費税:300円

合計:4,400円

僕のプランでおすすめしたい方法は、家族がドコモを使っているのであれば、データ通信(パケット)プランを家族みんなで共有するシェアパックにすることです。

一人で使っている場合でベーシックパックに加入するとします。

ベーシックパックは使った分だけの料金がステップによって変わってきます。

1GBまでなら2,900円で、4段階あり、20GB以下で最大7,000円のパケット使用料がかかってきます。

2018年5月でSパックなどの小容量のプランは終了してしまいました。(個人的には改悪と捉えています。)

データの使用料金で7,000円も掛かってしまったら月々料金は1万円を超えてきます。

 

僕のプランでパケットに関する部分は、シェアオプションとシェアパック分割という部分で、月約2,000円です。

 

なぜ、ここまで安くできるのかをご説明します。

僕は、妻も実家の家族もドコモを使っています。

以前は、それぞれ個人でSパックを契約していました。(2GBで3,500円)

(僕もドコモショップで「プランの見直しをしたい。」と相談していました。そのときの店員さんから今のプランを提案してもらいました。)

今現在実家の家族を含めて6人でウルトラシェアパック30というプランに加入しています。

ウルトラシェアパック30は、主契約者が基本料金の13,500円を払い、そのグループに加入したメンバーが500円のシェアオプション代を払うという仕組みになっています。

もちろん、主契約者が13,500円負担する必要はなく、加入者で均等に割ることもできます。(僕は割っています。)

 

[6人でウルトラシェアパック30に加入する場合]
基本料金:13,500円(主契約)
シェアオプション:500円×5人(主契約者以外の人数)
合計:16,000円

 この合計の16,000円を6人で割った金額の約2,600円が1人当たりの金額になります。

 長くドコモを使用している場合は1,200円の割引が受けられるので、更に安くなります。(僕の場合はドコモ光の割引なども含まれています。)

個人でベーシックプランに入るより安く、1人あたり使える通信量も多いのでドコモユーザーが多い家庭は、個人でそれぞれプランに加入するより絶対にお得です。

 

dポイントの活用

ドコモは使用料金の1%がdポイントとして還元されます。(本体代は含まれません。基本料金など。)

無料のdポイントカードを作成すれば、ローソンやマクドナルドなど街中の買い物でもポイントがつきます。

このポイントはdファッションなどドコモの各種サービスにも支払いやローソンなどのお店でも使える他、月々のケータイ料金の支払いに充てることもできます。

ポイントをお得にためて月々の支払いに充てることもケータイ料金を抑える方法のひとつです。

dカードGOLDの活用

よりお得にポイントを貯める方法としてdカードゴールドを作成するという方法があります。

僕は、普段使いしているクレジットカードとしてdカードゴールドを使っています。

dカードゴールドのメリットとして、通常100円につき1ポイント(料金の1/100)しか貰えませんが、1,000円につき100ポイント(料金の1/10)が貰えるのでお得にポイントを貯めることができます。

月々の通信容量が大きいプランを使っている人は、dカードゴールドは作った方がお得です。

 

下取りサービスの活用

ドコモでは、機種変更の促進の一環として下取りサービスを行っています。

古い機種はあまりポイントがつきませんが、機種によっては2年使用したあとでも高ポイントで下取りしてくれます。

僕は、XPERIAのSO-02Jを約2年ほど使っています。

今年買い換えるかどうかは検討中ですが、もし買い換える場合は下取りサービスを利用します。

 その場合の下取りポイントは、22,000ポイントとなります。

他の機種に比べてXPERIAのコンパクトシリーズは下取りポイントが高いです。

2年ごとに最新機種に変えたい方は、下取りプログラムを上手に使うとお得に機種変更が出来ます。

 

各種サービスの活用

直接月々の料金が安くなるわけではないですが、お得なサービスなので使ったほうが良いものをご紹介します。

 

dポイントクラブの活用

ドコモユーザーは、利用期間に応じてランクが分けられます。

特に長期ユーザーやdカードゴールドを持っている人はプラチナステージとなります。

プラチナステージ限定で、毎月ユニバーサルスタジオジャパンやディズニーランドなどのペアチケットの抽選に参加出来たり、毎週コンビニのスイーツの抽選に参加出来る特典があります。

「抽選って当たらないんでしょ?」

侮ることなかれ。

これが割と当たります。

特にコンビニスイーツなどの抽選は月に1回は当たっています。(体感)

他に当たったことあるものは、

劇団四季のチケットが当たった時は、さすがに驚きました。笑

なかなか当たりませんが、当たりやすいものもあるのでプラチナステージの人は是非挑戦してみてください。

 

子育て応援プログラムの活用

ドコモでは子育て応援プログラムがあります。

毎年、子どもの誕生月にdポイントが3,000ポイントも貰えます!

生まれた年は、申請した翌月に付与されました。

お子さんの誕生日にdデリバリーでピザやお寿司を頼んでみるのも良いですね。

その他にも写真を無料で印刷して届けてくれるdフォトというサービスも期間限定で無料で利用できます。

ミニアルバムも作れるので、おばあちゃんおじいちゃんに会いにに行く前に作っておくと喜ばれること間違いなしです。

 

まとめ

ドコモスマホを1円でも安く使うための工夫をお伝えさせていただきました。

ケータイは現代社会で必要不可欠なものになりました。

電気代や水道料金と同じような毎月の固定出費です。

いかにこの固定出費を節約できるかどうかで貯金や投資に回せるお金が生まれると僕は考えています。

キャリアスマホを使っていても、料金プランを見直せば月々の支払金額を抑えることは可能です。

この記事を読んでくださった方のスマホ料金の見直しの一助になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【おすすめ記事】 

 

www.sheep-log.com

 

www.sheep-log.com

 

押していただけると励みになります。


にほんブログ村