凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

502 Bad Gateway Tokenが公式ページとホワイトペーパーを公開

ご覧くださいましてありがとうございます。

凡人クラゲ略してボンクラです。

 

早いもので、Zaifがハッキングされてから約10日が過ぎようとしております。

 

仮想通貨取引所Zaifと言えば、2017年のバブル時期にサーバーに負荷がかかって上手く表示されないときに出る502 Bad Gatewayですよね(*´・ω・`)b

 

2018年の4月1日のエイプリルフールに誕生した502 Bad Gateway Token(Z502)はご存知ですか?

4月1日にエアドロップイベントを行っていたので「なんだこれ?」と思いつつ申し込んだところ、本当にウォレットに届いたので笑ったのを覚えています。

僕は一種のネタトークンだと認識していますが、センスが好きです。w

 

そのZ502が、オフィシャルウェブサイトとホワイトペーパーを公開したとのことなので、少しだけご紹介いたします。笑


f:id:kmichannel:20180924225529j:image

502 Bad Gateway Tokenとは

仮想通貨投資家保護のために生まれた投資家のためのトークンです。

 

オフィシャルサイト

z502token.com

 

オフィシャルサイトのデザインかっこよすぎる…。

主なプロジェクトは2つです。

 

投資家への補償

取引所のサーバーダウン等の不祥事(遺憾な出来事)が起った際に、Z502のエアドロップにて補償を行います。

取引所がハッキングされたときなど、エアドロップは頻繁に行われています。

そもそも国内取引所不祥事多すぎ!

 

あと話題になっている某ICOテレグラムでもエアドロップイベントを開催したりしています。

f:id:kmichannel:20180924230523j:image

 

時計販売

Z502を時計ブランドとして育てていくそうです。

時計販売で得た利益で上場を目指すとのこと。

 

突っ込みどころしかありませんが、

もう、ここについてはホワイトペーパー必読です。笑

 

トークン規格

トークン名:502 Bad Gateway Token

シンボル:Z502

総発行数:502億枚

 

ロードマップ

こちらもホワイトペーパーをご覧いただきたい…。(じゃあなぜ記事にする←)

計画通りに進まないこともあるとの注意書きがあるのはもちろんですが、

ただ、一つだけ言うと、ロードマップ上では既にZ502 Watchの開発に入ってるんだよなぁw

2019年に時計が本当に発売されるのか気になるところです。

 

まとめ

Z502は、センスが好きです。

オフィシャルサイトやホワイトペーパーがリリースされましたが、もはやどこまでが本当でネタなのかわかりません。w

ただひとつ言えることは、「可能性は無限大」ということですね!笑

欲しい方は、購入はできませんのでエアドロップで入手するしかありません。

今後もし取引所に上場した場合も購入は自己責任でお願いします。笑

 

【おすすめ記事】 
www.sheep-log.com

 

 

スポンサーリンク

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)

 

押していただけると励みになります。


にほんブログ村