凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

スパイスでキーマカレーを作ったよ(自作カレー第3弾)

ご覧くださいましてありがとうございます。

凡人クラゲ略してボンクラです。

 

自作カレーをまた作りました。

今回はひき肉でキーマカレー風に作ってみました。

僕も妻も今回のが一番おいしい!という感想になりました。

カレーを作る時の参考になればと思います。

 

【自作カレー過去記事】 

www.sheep-log.com

www.sheep-log.com


f:id:kmichannel:20180925122025j:image

第3回スパイスカレーの作り方

材料(4人前)
  • 豚ひき肉 300グラム
  • 玉ねぎ 2個
  • ニンジン 半分
  • カブの葉 3本くらい
  • 生にんにく(みじん切り) 大き目1かけ
  • 生しょうがすりおろし にんにくと同じ分量
  • トマト缶 200ml(市販のトマト缶はだいたい400mlなので半分)
  • プレーンヨーグルト 150ml
  • サラダ油 多め
  • カレー粉 大さじ1杯
  • 塩 小さじ1杯
  • ケチャップ 大さじ2杯
  • ウスターソース 大さじ1杯
  • はちみつ 大さじ1杯
  • マヨネーズ 大さじ1杯
  • バター 大さじ2.5杯

好みのスパイス

  • カイエンペッパー 小さじ1杯
  • クミン 小さじ1杯
  • コリアンダー 小さじ1杯
  • カルダモン 小さじ2杯


分量書いてますが、作りながら調整は必要です(;´・ω・)←


作り方
  1. 油を敷いて弱火でにんにくとショウガの香りを出す
  2. 玉ねぎは粗みじんにしたあと、中弱火で色が透明になるまで炒める
  3. 粗みじんにしたニンジン投入、玉ねぎがあめ色になるまで炒める
  4. ひき肉投入、ひき肉の色が変わるまで炒める
  5. トマト缶とヨーグルトを投入
  6. 塩、カレー粉とスパイスを投入、弱火で煮込む
  7. 刻んだカブの葉を投入
  8. 煮込みつつ調味料で味を調えて完成

今回は、離乳食を作った余りのカブの葉っぱも入れました。

食感を残したいので、煮込むのは短時間です。

 

玉ねぎを炒めるときのワンポイント2

玉ねぎの水分が飛んでカラカラになってしまうのを防ぐために水を加えるのもありです。

余り小まめに混ぜすぎずに少し焦げ付かせるのも早く飴色になります。

 

いざ実食

今回はライスではなく、ナンのようなパン(貰いもの)で食べました。

これが合う!

カレーは第1弾第2弾と比べても断然うまかったです。

  • 全体のカレーに対するひき肉の量が良かった
  • にんにくと生姜を生のものを使用したので風味がよかった
  • バターに加えてマヨネーズを入れたことでコクが増して満足感が得られた

以上の3点が今回のカレー考察です。

コクを出すならマヨネーズ、メモしとこう…。

 

最近カレー食べる機会が多くて少し飽きてきた…。

次回は普通のルーを使った日本の定番カレーにしよう!w

 

【おすすめ記事】 

www.sheep-log.com

 

スポンサーリンク

押していただけると励みになります。


にほんブログ村