凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

NinjaCoinとは?ミートアップに参加した感想

10月31日に東京で開催された、NinjaCoinの上場記念ミートアップに参加して、代表の高木さんのお話を聞いてきたよ。

 

当ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

 

NINJA COINのミートアップに忍者のように潜入してきました…!

なお、恥ずかしくて質問とかはできなかった模様。

実際に参加して感じた雰囲気やNINJACOINについてまとめます。

 


f:id:kmichannel:20181105211833j:image

NINJA COINとは

NINJACOINは世界中の旅行者たちの格差を無くすことを目指している通貨です。

 

 

tebura.ninja

旅行をするうえで発生する問題のうち、3つの問題の解決を目標としています。

  1. 時間
  2. 言葉
  3. お金

1.時間:荷物受け取りサービス

NinjaCoinを決済手段とした「手荷物関連サービス」の普及を行います。

 

旅行の中で手荷物を持って観光せざるを得ない状況が確実にあります。

 

今、自分が海外旅行をしていると想像してください。

荷物には大きなキャリーバッグを持っています。

旅行の最終日、ホテルをチェックアウトしたあとに飛行機までの時間まで観光したい…。

 

こういうときのキャリーバッグ、めちゃくちゃ邪魔ですよね。

 

手荷物を預けて手ぶらで観光した方がスピーディに観光できるよね!

という話です。

 

ちなみにこの事業は、既に事業化されています!

tebura.ninja

 

NinjaCoinを発行している株式会社セームページの「Tebura」というサービスです。

有休スペースで手荷物の預かりを行うシェアリングエコノミーのサービスです。

ちなみに、メディアにも多数取り上げられています。

(日テレのNEWS everyなど)

 

既に事業化されているプロジェクトでもあるので、よりパワーアップして、決済にNinjaCoinが導入されるということですね。

 

2.言葉:多言語翻訳ツール

海外旅行が嫌いな人に聞いた嫌いな理由第1位!(僕調べ)

言葉の壁

 

言葉が通じないというのは不安ですよね。

上手く意図が伝わらないと、せっかくの楽しい旅行がストレスになってしまいます。

 

この問題を解決するためにNinjaCoinは、分散型の多言語翻訳及び通訳者マッチングサービスのプラットフォームを開発します。

 

通訳者のマッチングサービスって、新たな職業になりそうですね!

英語が得意な方が、定職につかずに通訳をして報酬を貰える。

出産・子育てで一線を退いてしまったけど、通訳の仕事がしたい方など活躍できる人はたくさんいそう!

 

仲介を通さないので低価格でサービスが受けられるのではないでしょうか。

また、その人独自の付加価値(オプション)が付くのも面白そう!

 

3.お金:融資でお金の問題を解決

所得や国のインフラなどの理由で海外に行きたくても行けない、そんな人の夢を実現するためのプロジェクトです。

 

NinjaCoinでローンを組んでもらい資金提供を受けて世界へ旅行。

その後、「通訳」や「観光ガイド」などTeburaプラットフォーム上で関連サービスを提供してNinjaCoinを稼いで返済、という流れになるそうです。

 

貧しい国で生まれた子どもにチャンスが広がる素晴らしいプロジェクトだと思います。

運営を尊敬します。

 

 

さらっと総発行量についても触れます。

NINJACOIN規格

コイン名:NinjaCoin

シンボル:NC

総発行量:350億枚

 

 

ミートアップでの高木代表のお話の内容

文章でまとめるのが難しいのでメモを見て箇条書き形式で書きます。

  • NinjaCoinのライバルは旅行業界とのこと

暗号通貨であることのメリットとして、国際送金のしやすさが挙げられる。

普段の生活で個人が国際送金をする機会はほとんどないと思うが、ゆくゆくはNinjaCoinを国外でUSD(米ドル)より便利に使えるものにしたいとのこと。

 

  • 海外へのプロモーション

NinjaCoinはバングラディシュなど8か国でグローバルチームを作っている。

すでにチームを組んでいるなら、同時進行で世界へアプローチがスムーズにかけられそうです。

 

  • なんで忍者なの?

忍者の由来は、3つあるそうです。

1つは、手荷物預かりサービスで荷物を預けて、忍者のように素早く観光するという意味。

2つ目は、英語圏では優れたプログラマーを「NINJA」と呼ぶからだそうです。(昔はWizard魔法使い。)

3つ目は、クロネコヤマトの宅急便のヤマト運輸は、「クロネコ」というフレーズを付けて顧客に覚えてもらったそうで、同じように「忍者」で覚えてもらおうという戦略です。(インパクト強し…)

 

  • 今後のイベント予定

NINJAのオトモの絵コンペを行うそうです。

Discordに加入して最新情報をチェック!

 

ミートアップに参加してみた感想

高木さんの人柄・プロジェクトへの熱意が伝わってくるようなミートアップでした。

 

ミートアップの最初にアイスブレイクが行われました。

2人一組になって自己紹介。

コミュ障の僕は冷や汗が出ました。笑

 

ペアになった方と自己紹介をすると、相手の方が代表の高木さんを昔から知っているプログラマーの方でした。

その方は仮想通貨を持っていなくて、ブロックチェーンなどの技術に関心があるから参加されたとのこと。

高木さんが苦労人だというお話を聞けました。

 

高木さんは、父親の会社の業績が良く、幼少期はとてもお金持ちだったそうです。しかし、数年後に倒産してしまい借金取りが来ることも…。

 

酸いも甘いも知っている、だから弱者の視点にも立てるのかな、と。

特にプロジェクトの3.お金の問題について。

貧しい国で生まれた子どもにも優秀な子どもはいる。

その子たちに世界を知る機会を提供できるプロジェクト。

 

この部分を聞いてプロジェクトを応援しようと思いました。

エアドロップで貰えるであろうNinjaCoinを融資したい!

 

高木さん、アツイ漢ですね(・∀・)

 

 

現在、妻に結婚記念日のプレゼントを買ったため、お小遣いが金欠中…。1sato上場キャンペーンには参加できそうにないけど、twitterのタイムラインはNinjaCoinで賑わっています…!

せめてもの気持ちでブログにて紹介させていただきました。

今後も動向に注目します!

 

 スポンサーリンク

 押していただけると励みになります。


にほんブログ村