凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

2019年6月から「ふるさと納税」の高額返礼品が規制

ついに、ふるさと納税に本格的な規制が行われるようですね。

政府与党が方針を打ち出したようです。

 

 

ふるさと納税については過去記事をごらんください。

 【過去記事:ふるさと納税って本当にお得】

www.sheep-log.com

 

2019年6月からふるさと納税の返礼品割合を3割以下へ

都道府県や市区町村に寄付をすると特例として受けられる税額控除の対象について、返礼品は金額が寄付金の3割以下となる地場産品の場合に限定する。

 

過熱していたふるさと納税の返礼品競争に終止符を打ちますね…。

 

今回の規制を例で説明すると、

 

今まで:10,000円の寄付で実質4,000~6,000円の返礼品が貰える自治体があった

コスパが良い自治体があった

 

2019年6月から:10,000円の寄付で貰える返礼品は3,000円以下

コスパのいい返礼品がなくなる

 

正直、寄付者の乞食根性を発揮するとお得感が下がって残念です…。

 

 

すでに今現在、国からふるさと納税の返礼品割合を3割に抑えるように指示があるみたいです。

(守っていない返礼率が高い、コスパのいい自治体もまだありますねw)

 

【おすすめふるさと納税

スポンサーリンク

返礼品割合の高いコスパのいいふるさと納税

 

 

あ!今年ふるさと納税をした人でワンストップ特例を利用したい方は、申請書をお忘れなく。

 

だいたい年明けが期限なので、今年中に提出を済ませておきましょう!

 

ワンストップ特例制度は、確定申告を必要としない人、かつふるさと納税を5自治体以下にしか行っていない人が対象です。

 

ワンストップ特例がよくわからない方は過去記事をご覧ください。

www.sheep-log.com

 

 

最後までご覧くださいましてありがとうございます。

押していただけるととても励みになります。


にほんブログ村