凡人クラゲの仮想通貨戦線

ご覧くださいましてありがとうございます。凡人クラゲ、略して「ボンクラ」の仮想通貨BLOGです。仮想通貨や投資とか子育てのことを書いています。人生楽しんだもの勝ち。

バブルが弾けた暗号通貨低迷期の今考えるトークンエコノミー

ご覧くださいましてありがとうございます。

 

仮想通貨のバブルが弾けた今、トークンエコノミーについて僕なりに考えてみました。

 

NANJユーザーは、トークンエコノミーについてよく考えているので刺激を受けます!

 


f:id:kmichannel:20190209114930j:image

トークンエコノミーという言葉の意味

トークンエコノミーという言葉の意味は、

トークン=暗号通貨

エコノミー=経済圏

直訳すると、「暗号通貨による経済圏」という意味です。

 

経済圏の意味を辞書で調べると、

 経済活動が一定の独立性をもって営まれる地理的範囲 

 とされています。

 

よって、暗号通貨による経済圏が成立するには、

  • 暗号通貨で経済活動が行われていること
  • 独立性を持っていること

という2つが条件であることがわかります。

 

暗号通貨で経済活動が行われていること

経済活動は、生活するために買い物したりモノを消費したりすることなので、

それが暗号通貨で出来ていることが1つ目の条件です。

 

この点については、すでに暗号通貨で買い物が出来るサービスが登場しています。

 

nemで買い物が出来るnem storeなど

store.nem.social

 

また、実在する飲食店でも仮想通貨決済を導入している店舗があります。

「金のうな丼」でバズったうなぎ料理専門店「川昌」さんも暗号通貨決済を導入しています。

 

また、現在モナコイン有志(めろんぱんさん)による「暗号通貨でもそこそこ生活できる!」ということを証明しながらPRを行う企画が行われています。

日用品や食料を極力暗号通貨により調達し生活するという。

 

面白いから是非読んでほしい。

monacuration.com

 

一定の独立性を持っていること

例えば。

Aコインという通貨があり、Aコイン決済でお花屋さんがあったとします。

そして、Aコイン決済を導入しているお店はその店舗1つだけだとします。

 

Aコイン決済でお花を販売し、お店にはAコインが残ります。

しかし、そのAコインでは食べ物を買ったり電気代を払うことは出来ません。

 

お店の店員さんはAコインを取引所で日本円に換えて、生活をします。

 上記のパターンだと独立性は持ってない、ということになりますよね。

 

その通貨である程度の生活が出来たとき、独立性を持っているといえます。

よって、まだAコインのトークンエコノミーは”完成してはいません”。

 

もっと簡易なトークンエコノミーなら誰でも作れる

暗号通貨の1つのWAVESのプラットフォームなら、トークンを誰でも発行することが出来ます。(簡単かは置いておいて。)

 

例えば、

    1. 会社のある部署で上司がトークンを発行する。
    2. 今後、優秀な成績を収めた社員にトークンを付与する。
    3. トークンを集めるとお菓子(上司のポケットマネー)と交換できる。
    4. 評価が視覚的にも現れ、お菓子も貰えてモチベーションアップ。

 みたいな。

 

上司を中心に経済圏ができました。

誰でも経済圏を持つことが出来る、まさにトークンエコノミーって感じ。

 

まぁ、実際に上司がこんなこと言いだしたら

「なんやこいつ…」ってなりますけどね。(最初だけ)

 

って書いていたら本当に導入した会社がありました。

独自の社内通貨で従業員の健康づくりをサポート!ロート製薬が健康コイン『ARUCO(アルコ)』を導入 | ロート製薬株式会社

やるな、ロート製薬

 

トークンエコノミーを広めるには

トークンエコノミーを広めるために必要なことは、

その通貨に価値があると思ってもらうこと。

 

これに尽きます。

 

10,000円が10,000円である理由は、人々が紙切れ1枚にそれだけの価値があると信じているから成り立っています。

 

そもそもビットコインも最初はデータで価値なんでほとんどの人が無いと思っていました。(そもそも知らなかった。)

でも、資産としてや投機として、新しい技術として価値があるものだと認められたから価格がつきました。

 

その通貨に価値があるって思ってもらう必要がある。

 

そのためには、まずもっとたくさんの人に知ってもらうこと。

現ユーザーが楽しむこと。

面白い企画や普及するための企画を行うこと。

 

現ユーザーの工夫で面白い未来が作れるかもしれない。

 

せっかくトークンエコノミーの先駆け時代に暗号通貨を触っているんだから、

なにも考えない、なにもしないってのはもったいないんじゃないかなぁ。

 

有志活動しても無駄かもしれない。

 

でも、とりあえず楽しければいいんじゃない?

この時期に暗号通貨に触れたり考えていることを楽しみましょう!

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損!

 

スポンサーリンク

仮想通貨のハードウェアウォレット(カード型)【FuzeW(フューズダブリュー)】

 

【こちらもおすすめ】

www.sheep-log.com

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

押していただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村